ラウンジ・プライオリティパス 搭乗記 旅行情報 旅行記 海外LCC情報

エアアジアX搭乗記 ハワイ・ホノルル~関西(大阪) D7002便

先日関空に就航したエアアジアXのハワイ・ホノルル便の往路便に続き復路D7002便の搭乗レポートです。

復路はホノルルを16:00発なので、ホテルチェックアウト後食事をして、空港へ向かえば丁度いい時間帯になりますので魅力的なダイヤです。そんなダイヤなので13:00くらいにホノルル市内から空港へ向かいました。空港までの交通手段はお勧めがありますので、後日UPの滞在記をご覧ください。

約20分で到着しエアアジアのチェックインゲートはJALと同じ6番でした。ちなみにチェックインを終えて手荷物検査へ進んでしまうと、その先に喫煙所は一つもないので、喫煙者の方は空港到着時車をつけるところの中央分離帯のところに喫煙スペースがありますので最後の1本を楽しんでください。こういったところでも日本は喫煙者天国だなぁなんて思っちゃいますね。

スポンサードリンク

私が到着した頃は、カウンターはガラガラで皆さん疎らに搭乗手続きをしているようでした。チェックイン業務の委託はハワイアン航空にしているようで、非常にスムーズに進みました。ただその後の出国審査&手荷物検査に結構時間が掛かり約30分程時間を要しました。

とりあえず時間までやることが無かったので遠いと噂のプライオリティパス対応のプルメリアラウンジへ向かいました。場所は搭乗口57向かいのエスカレータで2Fへ上がったところにあり、手荷物検査場から約10分程で思ったよりも遠くなかったですね。

上記写真のように至近距離で航空機が見えたりして、楽しみながら私は向かうことができましたし、途中動く歩道もあるのでそれほど苦痛ではありませんでした。ただ、搭乗口が6~13の方は方向的に真逆になるので気を付けた方がよさそうですが、エアアジアXはハワイアン航空がグランドを担当しているので恐らくそちら側にはならないと思います。今回は搭乗口は32でした。

プルメリアラウンジはいたってシンプルな作りで、アルコール、ソフトドリンク、軽食が用意されておりそこまでも混雑もしていなかったので快適に過ごすことができました。ちなみに私はプルメリアラウンジから搭乗口32までは6分で移動できました。戻る際に係員のいるゲートがありますが搭乗券を提示すれば問題なく通過できます。

搭乗開始時刻は15:00でほぼ定刻にZONE別の搭乗方法で案内が始まりました。係員の方も日本語が話せる方が多かったので、家族連れの方などは助かっているように見受けられました。
搭乗率は約7割程でエアアジアの便にしては空席が目立ちました。日本人7割、アジア系1割、欧米系2割くらいでハワイ路線にしてはインターナショナルな雰囲気を感じました。

スポンサードリンク

定刻にプッシュバックし、離陸後上空からみるワイキキビーチは旅の最後にはいい光景でした。往路同様離陸開始後すぐに機内販売が開始され、到着2時間前から再度機内販売が行われる流れでした。空席もあったためか移動して横になっている人もいましたがCAも特に注意せず皆さん寛いでいる様子でした。復路は9時間ほどのフライト時間になるのでやはりエコノミーでは疲れを感じました。
大切なことを言い忘れました。機内はめちゃくちゃ寒いです笑

到着は20分程早着で20:00に関空に到着しました。入国審査ゲートは出発時と同様に若干混雑していましたが、自動審査ゲートはガラガラでしたのでスムーズに通過できました、荷物が出てくるのも早く、すぐに到着ロビーに出ることができました。

今回往復エアアジアXのハワイ・ホノルル線を利用してみて思ったことは、以下の通りです。

  • 長時間フライトならLCCに限らずエコノミーなら疲れるので、お尻が痛くなるのはしょうがない
  • セール価格なら利用価値大
  • 荷物、座席指定、機内食、ブランケットなどフルで追加するならエアアジア以外の方が総合的に良いかも
  • ダイヤは昼着、夕方発なので使いやすい

といったところです。なにより気軽にハワイへ行けるようになったことは日本人にとっても昔から縁のあるハワイの人にとっても喜ばしいことだと思いますので、今後もエアアジアXには早期デイリー化に向けて頑張って欲しいです。

エアアジアX搭乗記 関西(大阪)~ハワイ・ホノルル D7001便

エアアジアXで行ったハワイ旅行記

スポンサードリンク