国内LCC情報 航空ニュース

ANAHD、ピーチとバニラエアの統合を正式発表 ブランドはピーチへ

本日3月22日ANAホールディングスは傘下の関西空港を拠点とするピーチアビエーションと成田空港を拠点とするバニラエアを2019年度末を目途に、ピーチを基盤とし統合させることを正式発表しました。

スポンサードリンク

会見にはANAホールディングス片野坂真哉代表取締役社長、ピーチ・アビエーション井上慎一CEO、バニラエアの五島勝也代表取締役社長が出席しました。

2018年度後半より統合へ向けたプロセスを開始します。

~アジアの「リーディングLCC」を目指します~

ANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂 真哉/以下「ANAHD」)は、Peach Aviation株式会社(本社:大阪府泉南郡、代表取締役CEO:井上 慎一、以下「Peach」)とバニラ・エア株式会社(本社:千葉県成田市、代表取締役社長:五島 勝也/以下「バニラエア」)を、2018年度下期より統合に向けたプロセスを開始し、2019年度末を目途にPeachを基盤に統合することを決定いたしました。
 今後は、これまで培ってきた関空・成田などを拠点とした路線ネットワークのさらなる拡充に加え、魅力的な運賃設定や期待を超えるサービスの実践、様々なイノベーションを通し、国内外の潜在需要を喚起し、新しいマーケットを切り拓いてまいります。

Peachは、「空飛ぶ電車」をコンセプトに、2012年3月に日本初のLCCとして関空より就航しました。イノベーティブなマーケティング手法など、航空会社の枠に捉われることのない、新たな取り組みにより、お客様の体験価値を高めてきました。さらに、安定した運航品質と積極的な経営戦略の実行により、日本におけるLCCマーケットを牽引してきました。
 バニラエアは、成田空港にて2013年12月の就航以来、首都圏需要を背景に国内線・国際線において、積極的に路線ネットワークを拡大してきました。国内線においては、奄美路線をはじめ新たなプレジャー需要を創出するなど、地域活性化にも貢献してきました。また、国際線においては台湾と日本各地を結ぶ路線展開などにより訪日需要を取り込んできました。

今回の統合により、国内における需要の開拓、旺盛な訪日需要の獲得をさらに推し進め、グループ内のLCC 2社が持つお互いの強みを融合することで競争力を高めていく方針です。2020年以降、Peachは50機を超える機材と国内・国際線合わせて50路線以上の規模で、日本とアジアをつなぐ路線ネットワークのさらなる拡充を図り、アジアを代表するリーディングLCCを目指してまいります。
 さらに、2020年を目途に中距離LCC領域へと進出し、成長著しいアジアの需要を積極的に取り込むことで、訪日外国人旅行者数を4,000万人とする政府目標の実現に貢献してまいります。2020年度には売上高1,500億円、営業利益150億円規模の目標を掲げ、統合による諸施策を実施することで、ユニットコスト低減などの運営の効率化を推進いたします。
 ANAHDは、これまで同様、LCC事業に関して経営の独自性を尊重しながら、ANAグループ全体の事業領域の拡大、収益の最大化に向けてポートフォリオを深化させてまいります。

引用: ANAホールディングス

 

Peach Aviation株式会社(本社:大阪府泉南郡、代表取締役CEO:井上慎一、以下「Peach」という)の株主であるANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:片野坂真哉、以下「ANA HD」という)とファーストイースタンアビエーションホールディングス(本社:香港、会長:Victor Chu、以下「FE」という)の2社は、Peach株式の資本構成を変更することに合意し、本日、株式譲渡契約を締結いたしました。ANA HDは113億円で株式を取得いたします。

引用: ANAホールディングス

今回のANAの株式取得でピーチの独立色がより一層薄まってしまうように感じますが、今後どのような役員の構成になるのかも注目ですし、今回の統合でジェットスタージャパンは国内LCCシェア第2位となってしまうので今後どのような戦略で路線展開していくのかも非常深いです。

スポンサードリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)