成田空港 新規就航・増便・減便 海外LCC情報 筆者おすすめ記事

ウエストジェット、日本線開設へ航空局へ申請 日本線であれば成田~トロント線が有力か

先月の記事になりますが、海外紙Bloombergがカナダ第2位の航空会社ウエストジェットが日本線開設を検討していることが明らかになったと報じました。※リンク先に誤りがあり修正しました。

スポンサードリンク

ウエストジェットは現在B737、B767を運用し国内都市をほぼカバーし、大西洋路線も運航する航空会社です。一応LCCという括りにされていますが大手とマイレージ提携していたりします。
同社は2019年第1四半期から2021年12月までに787-9を10機導入する予定であり、この導入に伴いアジア、南米へと進出する計画が発表されています。

今回のニュースではウエストジェットCEO Gregg Saretsky氏がインタビューによりB787-9での運航計画について言及しましたので、その際のコメントを紹介します。

『2019年は受領遅れなどなく3機の787-9を受領する予定であり、中国、日本線開設のためにカナダ航空当局、現地航空当局へ路線開設の申請を行っている最中である。予定では7月に787の最初の就航都市を発表することになるだろう。
787-9は航続距離が長く、カナダからどこへでも飛べ、インド、中国、中南米、ヨーロッパと、どこへでも就航することができる。』

その他現地の報道などによると、トロントから運航させることが有力で、中国線は上海、日本線への就航都市は東京になるのではないかといった予想になっています。東京となれば運航実績の無いウエストジェットは成田への就航となることが有力です。ただやはり世界の航空事情からいくと中国を優先する傾向にありますが、浦東空港の混雑でスロットが獲得できるのか?といった意見もあるので東京線は期待できるかもしれないですね。

ウエストジェットは今後運航を予定しているULCC(超格安航空会社)Swoop(スウープ)の設立会社であり、今後注目していきたいエアラインの一つです。まずは7月の発表まで中国線でないことを祈りながら気長に待ちたいと思います。

スポンサードリンク

成田へ就航ならば投入されるウエストジェットの787-9の機内インテリアが公開

成田空港の新規就航・増便まとめ※随時更新