旅行情報 統計

訪日外国人数3月は、前年同月比 18.2 % 増の 260 万 8 千 人 3月として過去最高

「日本政府観光局(JNTO)」の発表によると、2018年3月の訪日外国人数は前年同月比 18.2 % 増の 260 万 8 千 人となりました。

スポンサードリンク

2018年3月の訪日外客数は、前年同月比18.2%増の260万8千人。2017年3月の220万6千人を40万人以上上回り、3月として過去最高を記録した。
市場別では、イースター休暇に伴う旅行需要の高まりを受け、米国、カナダ、ドイツにおいて単月として過去最高を記録したほか、インドネシアを除く19市場で3月として過去最高を記録した。
1月から3月までで、前年比16.5%増の7,618,600人が来日しています。
3月統計(前年比%)で国別にみると1位が韓国619,200人(26.8%増)、2位が中国594,900人(16.9%増)、3位が台湾387,300人(14.0%増)、4位が香港195,700人(19.0%増)、5位アメリカ151,000人(15.3%増)となっています。
 
LCCによる増便が相次いでいる韓国は中国人観光客を超えています。その他東南アジアで唯一タイが10万人を超える116,200人(4.2%増)となっているほか、フィリピンが56,100人(60.9%増)、1月~3月でも32.5%増という驚異的な伸び方をしていています。先日フィリピン航空のマニラ~新千歳線、ダバオからの日本線のニュースがありましたが、今回のデータを見る限り期待できる路線となりそうです。
 
相変わらず中韓が大半をを占める旅客数ですが他路線も堅調に伸びているので今後も訪日客増には期待ができそうです。

スポンサードリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)