国内LCC情報 航空ニュース

ピーチ、アジア最初のオペレーターとしてA321LRを2機導入

ピーチアビエーションは、2020年後半を目途にアジアのエアラインで初めてA321LR(Long Range)を導入することをエアバス社との共同会見で明らかにしました。

スポンサードリンク

ピーチのA321LRは、既に発注済みの10機のA320neoのうち2機を変更したものになり、2機とも2020年度中の受領を予定しています。
今の所、客室仕様は明らかにしていませんが、カタログでは最大240席、3つ目の燃料タンクを追加して航続距離を増加させた長距離型の場合は最大206席となり航続距離はナローボディ機では世界最長となる約7400kmの性能があります。

画像引用:The travelers club

今回の発注でピーチは東南アジアを主とした路線展開を考えていることが予想されますし、中長距離線を意識した導入ですので3つ目のタンクを追加させる可能性が高いように感じます。

今後エアバス社はA321LRをの航続距離を更に延長したA321XLR(Xtra-Long Range)の開発を検討しているとされており今後は長距離路線へナローボディ機が更に就航する時代がくるのかもしれません。

スポンサードリンク

エアバス社、更に航続距離を延長したA321XLRの開発を検討