海外LCC情報 航空ニュース

ボーイング、ライオンエア機墜落を受けB737MAXを対象に緊急注意喚起を実施

アメリカボーイング社は、先日のインドネシアのライオンエア機の737MAX8型機の墜落事故を受け、同型機の運航のオペレーターに対し緊急で注意喚起を実施しました。

スポンサードリンク

現在ライオンエア機の事故原因の調査にあたるインドネシア国家運輸安全委員会(NTSC)は、飛行姿勢をコントロールするAOA(Angle Of Attack)センサーの1つが誤った情報をコックピットの計器に送った可能性を指摘しており、それを受けボーイング社は同様の事象が発生した場合の対象法を各国運航オペレーターへ連絡しています。

また、米国連邦航空局(FAA)もB737MAX8に対しMAX8型機の運航に関する耐空性改善命令を出していますが、同シリーズを運航するアメリカの、ユナイテッド航空、アメリカン航空、サウスウエスト航空では同様の問題の方向は無いとしています。

参考記事:Flight Global
画像引用:Lion air

スポンサードリンク

ジャカルタ発ライオンエア610便の墜落を確認 機体は機齢約3ヵ月のB737Max8