中部国際空港(セントレア) 新規就航・増便・減便 海外LCC情報 福岡空港 関西国際空港

タイライオンエア、中部・関西・福岡線のダイヤが明らかに

タイライオンエアは、先日発表された成田~バンコク・ドンムアン線に続き中部・関西への就航が国交省より認可されましたが、まだ認可されず路線計画されている福岡線に関してもスケジュールが明らかになりましたのでお伝えさせて頂きます。まだタイライオンエアからは正式発表はされていませんが関係各所よりダイヤが明らかになっています。

スポンサードリンク

【中部~バンコク・ドンムアン】2019年1月16日就航予定 
SL311 中部17:15→21:50バンコク 月水木金日  
SL310 バンコク07:45→中部15:45 月水木金日
機材:A330-300
※中部線に限っては中部国際空港が発表済み

【関西~バンコク・ドンムアン】2019年3月2日就航予定
SL305 関西11:15→15:35バンコク 月火木土日 
SL304 バンコク02:15→09:45関西 月火木土日
機材:A330-300

【福岡~バンコク・ドンムアン】2019年2月に就航予定
SL315 福岡08:00→11:55バンコク 
SL314 バンコク23:55→07:00+1福岡
機材: B737MAX9機材情報を更新しています

※上記運航は関係当局への申請よび認可を前提としております。上記スケジュールは正式発表されたものではありませんので参考程度と考えて下さい。

先日国交省から認可されたのは成田、中部、関西線になりますが、この路線は全てA330が使用されることが決定されていますが、福岡線に関しては当初からナローボディ機が投入されるとの見方がされておりB737MAX9が投入される可能性があります。

当サイトで7月末に伝えした内容のスケジュールと比較しても、ほぼ計画通り進んでいるように考えられるので今後福岡線の発表があることに期待したいです。
タイライオンエアは、標準サービスで手荷物が20kg無料預入できたり、全席にモニターが搭載され競合する他LCCと差別化を図っており今後利用者の選択肢が増え各社競争が激しくなることが予想されます。

同じライオンエアグループのマリンドエアもクアラルンプール~台北経由~新千歳線運航の認可をうけていますので、今後路線が開設される可能性もあり、ライオンエアグループ全体で日本線が増えることが期待されます。

スポンサードリンク

タイライオンエア、成田~バンコク・ドンムアン線へ12月7日就航を正式発表

マレーシア航空当局、マリンドエアの新千歳~台北~クアラルンプール線の開設を認可

 

(Visited 1 times, 1 visits today)