機材 海外LCC情報

イースター航空、B737MAX8を韓国初のエアラインとして受領

ボーイングは韓国のLCCイースター航空へ、B737MAX8初号機をデリバリーしたことを発表しました。

スポンサードリンク

同社は現在のところB737MAX8を2機リース導入することを決定しており、2号機は今月末の受領を予定しています。

イースター航空のJong-Gu Choi社長は、B737MAX8の受領できたことに興奮している。B737MAX8の優れた燃費性や航続距離により、新しい市場や既存の市場へのネットワーク拡張でき、長期的な成長を実現させるのに役立つとコメントしています。

イースター航空は多くの日本路線を運航していますので、今後日本へ飛来する機会もあるかもしれないので楽しみです。

画像引用:Boeing

スポンサードリンク

イースター航空、宮崎~仁川/ソウル線を週4便へ増便