MRJ 航空ニュース

航空局のパイロットによるMRJの飛行試験開始を19年1月下旬より開始

国土交通省は、三菱航空機が開発を進めているMRJに対し、航空局のパイロットが操縦して行う飛行試験(型式証明飛行試験)を開始するために必要な確認ができたことから、今後準備が整った試験項目から、順次型式証明飛行試験を実施していくことを発表しました。

スポンサードリンク

画像引用:国土交通省

まずは、エンジン等の機能の一部(エンジンの空中での再始動、補助動力装置の機能確認等)を確認するための飛行試験を、2019年1月下旬頃に、米国モーゼスレイクで実施する予定です。

国土交通省では、三菱航空機株式会社が開発を進めている約半世紀ぶりの国産旅客機であるMRJ対し、航空法に基づき、航空機の設計について型式証明の審査を実施しており、書類審査、地上試験等において航空局のパイロットが操縦して行う飛行試験(型式証明飛行試験)を実施するために必要な確認ができたとしています。

1月下旬の試験後も準備が整った試験項目から、所要の確認を同様に行った上で、順次型式証明飛行試験を行っていくこととしています。

三菱航空機 水谷久和社長のコメント
「弊社は常に国土交通省航空局の皆様と密接に連携しながら、MRJ90の型式証明取得に向けて明確なプロセスや手順、目標値を設定してまいりましたが、今般、飛行試験開始確認書を受領できたことを大変喜ばしく思います。ここまでの道のりは長いものでしたが、MRJの開発および日本の民間航空機産業にとっては不可欠なものだったと感じております。」

三菱航空機 型式証明統括室長のアンドリュー・テレスカ(Andrew Telesca)氏のコメント
「この種の開発プロジェクトはこれまで国内にほとんど前例がなかったことから、国土交通省航空局と三菱航空機の両チームは日夜協力してTC飛行試験に適合するシステムを一から創り上げました。今回の重要なマイルストーンの達成に向けてご尽力いただいた国土交通省航空局の皆様に心よりお礼申し上げるとともに、弊社チームの努力に感謝します。型式証明の取得までにはまだやるべきことが多く残されていますが、今回MRJの安全性と完成度が一定の評価を得たことを大変嬉しく思います。弊社は今後の重要な最終開発段階においても、引き続き国土交通省航空局の皆様と密接に協力してまいります。」

引用:三菱航空機

スポンサードリンク

三菱重工、MRJ向け新型エンジン国産初号機組立完了を発表