機材 航空ニュース

ボーイング、B777Xの飛行試験機の最新の様子を公開

ボーイングは、同社が開発中の次世代航空機B777X(B777-8,B777-9)の飛行試験機の最新の様子を公開し、ロールアウトがかなり近いことを予告しています。今回公開された画像では4機の試験機の姿が確認できます。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

最新技術が搭載されるB777Xは2019 年前半の初飛行を実施する予定でエアラインへの引き渡しは2020年を予定しています。

B777Xは、現行の機種よりも大きな窓、高度6,000フィート 相当の高いキャビン与圧、高い天井、高い機内湿度が提供される最新鋭機となっています。
そのほかB787の開発で用いられている技術を基に、現状のB777-300ERの翼よりも23ft(7m)延長される設計となっており、現状の空港のスポットには収まらないサイズのため改修工事の手間を省きエアラインが導入しやすくするために駐機時には翼を折り畳む設計を計画しており、既にFAAより承認を受けています。

最初の受領は150機を発注しているエミレーツ航空で、日本ではANAが20機発注しており2021年から受領する予定となっています。
画像引用:Boeing

スポンサードリンク

ルフトハンザドイツ航空、B787導入を検討 B777Xは2020年後半に受領を予定

ボーイング、B777Xの飛行試験機の組み立てを完了

スポンサーリンク