FSC 事故・トラブル

エチオピア航空、ET302便アディスアベバ発ナイロビ行きのB737MAX8が墜落

現地時間3月10日、エチオピア航空ET302便がアディスアベバ・ボレ国際空港を午前8時38分に離陸した後、約6分後に消息を絶ちました。エチオピア航空は正式に同機は墜落したことを発表しています。

スポンサーリンク

 

 

同機には乗客149名、乗員8名が搭乗しており墜落したのはアディスアベバから南東37マイルのBishoftuという街周辺とみられており、エチオピア航空は捜索救助活動は進行中で、現在のところ生存者、死傷者ともに確認できていないとしています。

その後公式に発表がなされ、生存者はいないことが確認されています。

なお同国の首相官邸は既に哀悼の意を表しています。

墜落した機体は昨年10月に墜落し189名が犠牲となった事故のライオンエア機と同型機のB737MAX8型機となり、エチオピア航空に4カ月前に納入されたばかりの機体(ET-AVJ)となります。

なお、同型機はANAが30機の導入を決定しています。
画像引用:Ethiopian Airlines GHSPLASH.COM

スポンサーリンク

ANA、B737MAX8型機30機の発注を決定 B737NGシリーズの後継機として

墜落したライオンエア機のボイスレコーダーを発見

ライオンエア機墜落を受け、B737MAXの自動失速防止システムにおいてマニュアルに不備の可能性が浮上

ボーイング、ライオンエア機墜落を受けB737MAXを対象に緊急注意喚起を実施