機材 航空ニュース

ボーイングCEO、B737MAXの2件の墜落事故の原因をシステムの誤作動と認め謝罪

ボーイングのデニス・ミューレンバーグCEOは、ライオンエア、エチオピア航空のB737MAX型機の墜落の原因がシステムの誤作動であったことを認め、謝罪しました。

スポンサーリンク

墜落の原因となったのは、機外に取り付けられるAOAセンサー(機首の角度を測るセンサー)が誤った情報を与えたことから失速防止システムMCASが作動し、自動で機種を下げ、操縦士は機体の体制を立て直すことができなかったとされます。

ボーイングは誤作動が発生した場合、自動操縦を手動へ切り替える手順をマニュアル化していましたが、昨日のエチオピア当局の発表では、この手順でも回復できなかったとしています。

なおボーイングCEOは、『リスクを排除することは我々の責任であり、その方法は分かっている』とコメントしています。

ボーイングは現在ソフトウェアの改修を行っており、数週間内にFAAへ申請し審査が始まる予定となっていますが、FAAの審査問題も指摘されたことから審査期間も長期間に及ぶことが予想されております。

スポンサーリンク

ボーイング、FAAへのB737MAXの修正ソフトの提出を数週間延期へ

ノルウェージャン、B737MAXの運航停止を受けボーイングへ補償請求へ

エチオピア航空、事故機のパイロットがボーイングが推奨する緊急時の対応を行っていたことを公式発表 同社CEOは事故機のパイロットを誇りに思うとコメント

 

(Visited 1 times, 1 visits today)