国内LCC情報 機材 航空ニュース

『ZIPAIR/ジップエア』が機体と制服のデザインを発表

JALグループが2020年の運航開始を目指す中長距離LCCの『ZIPAIR/ジップエア』は、機体デザインと制服のデザインを発表しました。

スポンサーリンク

機体デザインについては、垂直尾翼にコーポレートカラーのグレーをベースに、シンボルマークを配し機体側面には前後へ伸びやかに続くひと筋の細いグリーンのラインを入れ、矢が「ビュッ(=ZIP)」と飛ぶように、目的地へ向かって一直線に大空を飛び行く姿をイメージしたとしています。

制服については、ファッションデザイナー・堀内太郎氏が手掛け「着まわし」をコンセプトに、その日の業務内容・天候・気分や体調などに合わせて、数あるアイテムの中から自由に組み合わせることができると同時に、全体的に統一感があるデザインとなっています。

また、シューズにはスニーカーを採用し、業務における動きやすさと疲労感の軽減が意識されており、“機能美”を追求した新しい制服の導入によって社員のパフォーマンスを最大限に引き出し、お客さまへのサービス向上につながることを目指すとしています。

ZIPAIR Tokyoは、国土交通省に対し、航空法第100条に基づき、航空運送事業許可申請を行っており、B787-8型機で2020年夏ダイヤに成田~バンコク/スワンナプーム、ソウル/仁川線の運航申請を提出しています。

スポンサーリンク

JALの中長距離LCCエアライン『ZIPAIR(ジップエア)』のブランド決定を発表 2020年にバンコク・ソウルへ

ZIPAIRジップエア、公式ホームページを開設

JAL(日本航空)、中期経営計画ローリングプラン2019を策定 サービス内容や機材計画など

(Visited 8 times, 1 visits today)