FSC 事故・トラブル

滑走路逸脱のFDA機、国交省の調査を終え運用を再開

2019年4月23日に発生した、FDA386便(山形発/名古屋小牧行)が、山形空港にて離陸滑走中に滑走路を逸脱し、滑走路東側の緑地帯で停止した重大インシデントにおいて、当該機は定期便の運用に復帰しました。

スポンサーリンク

運輸安全委員会の調査を終えた当該機JA11FJは、27日に県営名古屋空港にフェリーされ同日中に定期便への復帰を果たしています。

これまでの調査では、機体の異常・トラブルは認められておらず、今後フライトレコーダーのデータやボイスレコーダーから、機材トラブル、人為的ミスの両面で事故原因を調査する予定となっています。

なお26日に石井啓一国土交通相がFDAに対し再発防止を指示しています。
画像引用:FDA

スポンサーリンク

FDA機の山形空港での滑走路逸脱が重大インシデントに認定

4日の中国国際航空CA983便北京発ロス行きがシベリアに緊急着陸し、乗客は風速15m/s気温-6°の外へ緊急脱出

ライオンネア、ジャカルタ発ポンティアナック行きJT714便がオーバーラン

スポンサーリンク

(Visited 7 times, 2 visits today)