FSC 機材 航空ニュース

エアバス、JAL向けA350初号機をロールアウト

エアバスは、JALへ納入予定のA350初号機(JA01XJ)の塗装を終え、ロールアウトしたことを発表しました。

スポンサーリンク

A350-900は、日本航空(JAL)がはじめて直接購入するエアバス機となり機体にはA350のロゴが塗装されています。
JALは、A350の導入に際し、初号機から3号機までは特別塗装機とすることを発表しており、初号機はJALのシンボルカラーでもあり“挑戦”を示すレッド、2号機はイノベーションによる“革新”を表すシルバー、3号機は地球環境に配慮し持続的な成長を目指す“エコ”のグリーンが塗装されます。

スポンサーリンク


画像引用:Airbus

来月5月に地上試験、飛行試験を行い、6月にもJALへ納入となる見込みで、慣熟飛行後2019年9月1日の福岡線に投入される予定です。
なおJALは、31機のA350 XWB(A350-900を18機、A350-1000を13機)を発注しています。

スポンサーリンク

エアバス、JAL向けA350初号機のウイングレット取り付け現場を公開

JAL(日本航空)、A350-900の19年9月1日就航を発表 3号機までの特別塗装機導入を決定

エアバス、JAL向けのA350初号機の最終組み立て現場を公開

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)