FSC 事故・トラブル 航空ニュース

アエロフロート機炎上事故の別角度の動画が公に 現状ではパイロットのミスとの見方も

アエロフロートロシア航空のSU1492便の事故において、着陸時の別角度の映像が公開され、より詳しい着陸時の状況が明らかになりました。

スポンサーリンク

これまでの調査では、機体の問題・パイロットの操縦ミスの両面を視野に調査していますが、現状では機体の欠陥を示す証拠は無く、後者の見方が強くなっており、現にロシア航空当局はスホーイ・スーパージェット100の運航停止措置はとっていません。

現状指摘されている点では、パイロットがスホーイ社が提供するマニュアル通りの操作手順を行っておらず、本来十分に旋回し燃料を消費できる設計であるにも関わらず、機体が重い状態で着陸を急いだことなどが指摘されています。
また、落雷を受け緊急制御モード(Emergency Electrical Configuration、EECモード)に切り替え着陸を行いましたが、このモードでは管制への報告義務を負うだけで、緊急車両の手配を要請する義務はなく、通常では安全が確保された状態とされており、同便も着陸前に緊急車両の手配は行っていませんでした。

以上の点から事故原因はハードランディングにより、メインギアが燃料タンクを破損させ火災をもたらしたと考えられており、重量超過がハードランディングを引き起こし、消費できなかった燃料に引火したとの仮説があります。

なお現段階では最終的な事故原因は発表されておりません。
参考記事:Новости  BBC
画像引用:Aeroflot Airlines

スポンサーリンク

アエロフロートロシア航空のスホーイ機、緊急着陸を試みるも炎上【追記あり】

アエロフロートロシア航空の事故にて手荷物を持っての避難で、避難が遅れたとの指摘 【緊急時の避難を再確認】

アエロフロートロシア航空、2019年3月31日より成田~モスクワ線へB777-300ERを投入

スポンサーリンク

(Visited 5 times, 1 visits today)