航空ニュース

神戸市長、神戸空港の年内の発着枠拡大・運用時間の延長に期待を示す

久元喜造 神戸市長は、5月11日に開催された関西国際、大阪国際(伊丹)、神戸の関西3空港のあり方を関係自治体や経済界で議論する「関西3空港懇談会」にて神戸空港の発着枠拡大、運用時間を延長することで合意しことを受け、年内にも規制緩和されることに期待を示したと ひょうご経済プラスが報じました。

スポンサーリンク

市長は、神戸空港が民営化されてることから当事者同士で話し合ってほしいとし、年内にも動きが出るのではないかと予想しています。

関西3空港懇談会にて合意した内容は、現在の発着便数60回から80回にする事と、運用時間を現在の22時から23時とすることになり、実際に規制緩和されるとなると2006年の開港以来はじめてとなります。

現状では神戸空港を拠点とするスカイマークが路線開設の意向を示しておりますが、期待されている遅い時間の羽田発神戸線は、羽田側の発着枠の問題もあり実現が難しいと考えられています。

スポンサーリンク

スカイマーク、5月に受領を予定する2機は成田~サイパン線と神戸空港に配備へ

関西国際空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

神戸空港の発着枠拡大と運用時間を延長する規制緩和に合意

スポンサーリンク