FSC 航空ニュース

カタール航空、料金高騰でインド当局へ一時的な増便を要望

カタール航空は、自社のインド路線において一時的な増便を可能とするよう、インド当局へ要望していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

今回の要望はジェットエアウェイズの運航停止により両国間の供給座席数が減少し、運賃が高騰していることが理由としています。
なお、同社は今回の要望が受け入れられない場合、多くのインド人が高額の航空券を買うことになるか、複雑で面倒な経由便を利用する事を余儀なくされるだろうとコメントを発表しています。

カタール航空は、2016年にインド路線の倍増させる申請をインド当局へ提出していますが、自国エアラインの保護の観点から申請を拒否された経緯があり、今回強気のコメントを発表しているものと考えられます。
また、カタール航空は予てからインド市場強化の方針を打ち出し、インド国内市場で現地パートナーと新エアラインの立ち上げを計画していることから今後もインド市場では注目のエアラインとなります。
参考記事:Live mint
画像引用:Qatar airways

スポンサーリンク

カタール航空、機材構成を簡素化 A380・A340・A330・A320・A319が退役へ

ジェットエアウェイズの再建にエティハド航空が応札

カタール航空、2019年内に新たなエアラインへの投資やインドでの航空会社の設立を計画

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)