FSC 羽田空港 航空ニュース

ハワイアン航空、羽田枠に関し異議申し立ての手続きを開始へ

アメリカ合衆国運輸省(DOT)は、2020年に配分される羽田枠において暫定的にアメリカ側のエアラインへ配分を行いましたが、1枠が配分される見込みとなったハワイアン航空は異議申し立ての手続きを開始する見込みであることが明らかになりました。

スポンサーリンク

今回の配分は、デルタ航空5枠、ユナイテッド航空4枠、アメリカン航空2枠、ハワイアン航空1枠と暫定決定となっていますが、ハワイアン航空は引き続き追加のスロットを求める予定しています。

ハワイアン航空は2010年の羽田就航以来、他のどの米国の航空会社よりも長く、そして就航以来継続して今日まで運航し市場を成長させたことをアピールしています。
なおDOTは、2019年6月10日までは今回の決定に異議申し立てが可能となっていることを明らかにしています。
参考資料:Hawaiian Airlines
画像引用:Hawaiian Airlines

スポンサーリンク

2020年の羽田空港発着枠配分にてアメリカ線の米国側が暫定配分 12路線出揃う

羽田空港第3ターミナル隣接地の工事情報 ホテル・天然温泉施設『泉の湯』・『グランドホワイエ』・川崎市との連絡橋を建設中

2020年オープン予定の羽田空港跡地第1ゾーンの整備事業のまとめ

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)