FSC 機材 航空ニュース

デルタ航空、A330-900neo初号機を受領 成田線にも投入へ

エアバスは、デルタ航空へA330-900neo初号機を納入したことを発表しました。

スポンサーリンク

デルタ航空は、35機のA330-900neoを導入する予定で、2019年は計4機の受領を予定しています。
同社は、拠点空港の一つとなるシアトルに同機を配備する予定としており、7月にシアトル~上海線に投入し、8月31日からは成田~シアトル線にも投入する予定となっています。

そのほかの日本路線では、成田からの移管となる可能性が高いですが同社が申請し暫定認可を受けた羽田~シアトルも同機での申請が提出されています。

なお、現在のところA330-900neoの日本線初就航はエアカランが7月23日より成田~ヌメア線へ投入する予定となっています。
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

アメリカ合衆国運輸省、暫定的にデルタ航空へ羽田発着5往復分を配分 シアトル・デトロイト・アトランタ・ポートランド・ホノルル線が開設へ

エアカラン、成田・関西~ヌメア線へのA330-900neoの投入を前倒しで同機最初の路線が成田線の見込み 初号機は塗装の工程へ

2020年の羽田空港発着枠配分にてアメリカ線の米国側が暫定配分 12路線出揃う

スポンサーリンク

(Visited 3 times, 1 visits today)