FSC 航空ニュース

ソラシドエア、中期経営戦略の一部見直しを発表 国際定期便は延期し福岡空港就航へ

株式会社ソラシドエアは、現在取り組んでいる「2017~2020年度 中期経営戦略」を一部見直しすることを5月29日に発表しました。

スポンサーリンク

ソラシドエアはこれまで台北までのチャーター便を運航するなどして2019年の国際線の定期化へ向けた取り組みを行っていましたが、定期化は延期とし、九州を中心とした国内線・国際線のネットワークを拡充するため、今後発着枠拡大が見込まれる福岡空港を新たな就航地としたネットワークの構築を進めるとしました。

但し、福岡空港だけでなく、2020 年以降、 当社就航地である羽田空港国内線の発着枠回収再配分や那覇・神戸空港の容量拡大などが見込まれているため、実際の路線決定にあたっては、都度柔軟に判断するとしています。

また同日発表された3月期決算において、当期純利益は2,118 百万円 (同 14.9%減)となり、12期連続黒字となったことを発表しています。
画像引用:Solaseed Air

スポンサーリンク

福岡空港、2023年までの中期計画と30年後の将来イメージを発表

新千歳空港・福岡空港・那覇空港の新規就航・増便まとめ※随時更新

福岡空港、地元企業連合が着陸経路変更を提案

スポンサーリンク

(Visited 8 times, 1 visits today)