FSC 航空ニュース

ANA、国内線に新シート導入を発表

ANAは2019年秋より、国内線主力機(777-200型機 8機、787-8型機 11機)のプレミアムクラス・普通席全席に、パーソナルモニター付きの新シートを導入することを発表しました。

スポンサーリンク

プレミアムクラスには新たに15インチのタッチパネル式パーソナルモニター付の電動リクライニングシートを導入し、これまで最大21席であったプレミアムクラスを28席まで増席します。

【プレミアムクラス】
SAFRAN社製の新シートを導入。国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどをより重厚感のあるデザインに一新。


タッチパネルを採用した電動リクライニングシートとなり、座席横には小物入れなどが設置されます。座席間には大型のディバインダーが設置されプライべート空間が確保されます。

【エコノミークラス】
国内線ボーイング767-300型機(6機)に採用しているトヨタ紡織のシートにに新たな工夫を加え、快適性や座り心地を進化させたものとなります。

使いやすさや座り心地にこだわっており、どのような体格の方にも心地よく、フィットするシートを追求したとしています。
導入時期は2019年秋を予定しており、2022年度上期までに順次導入していく計画としています。

スポンサーリンク

ANA、国際線エコノミークラス 事前座席指定の一部有料化を発表

ANA、那覇空港へ新搭乗スタイル『ANA FAST TRAVEL』導入

成田空港で顔認証『OneID』を20年春からJAL・ANAが運用開始 多くの場面で搭乗券&パスポート提示が不要へ

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)