FSC 航空ニュース

ANAホールディングスが、改修B747で人工衛星打ち上げを手掛けるヴァージン・オービットとの パートナーシップを発表

ANAホールディングス株式会社は、Virgin Orbitの日本・アジア展開に関する契約を結んだことを発表しました。

スポンサーリンク

ヴァージン・オービットの事業内容は、ヴァージンアトランティック航空で使用していたB747-400型機を改修し小型人工衛星を打ち上げるものになります。航空機を用いることで既存の地上打ち上げ施設とは異なり、柔軟な打ち合上げ地点の設定が可能とされています。



画像引用:Virgin Orbit

ANAHDとヴァージン・オービットは長期的な協力関係を結ぶことで合意し、平和利用を目的とした日米の宇宙産業のさらなる関係強化に貢献し、この合意に基づき、ANAHDは、ヴァージン・オービットの日本やアジアにおける打ち上げサービスのための輸送支援や、航空機と地上支援機材(航空機牽引車など)の整備もしくは運航支援において、協力関係を築くための協議を開始したとしています。

スポンサーリンク

ヴァージンアトランティック航空、2021年までにB747-400を全機退役へ

ANA、2020年夏にも東京/成田~モスクワ・ウラジオストク線を開設とロシア現地紙が報道

ANA、成田~チェンナイ線の19年冬ダイヤでの就航を正式発表

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)