機材 海外LCC情報 航空ニュース

タイエアアジアX向けのA330-900neo初号機が初飛行に成功

エアバスは、エアアジアグループ初のA330-900neo初号機が初飛行に成功したことを発表しました。

スポンサーリンク

エアアジアグループは、A330を100機発注していますが、A321LRに一部変更する可能性があることからエアバスのオーダー表では66機の発注数で記載されています。(A321XLRへ変更との噂もあります)
今回タイエアアジアXが受領予定のA330neoは、Avalon社からのリース機となり2019年第2四半期に2機の受領を予定しています。なおこの機体はエアアジアの発注している100機に含まれていません。

タイエアアジアXは、同機を使って欧州線を開設する計画であることが明らかになっていることから就航先が注目されています。なお、エアアジアXの受領は2020年第2四半期の受領を予定しており、関西経由のアメリカ西海岸線の開設が予想されています。
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

 

エアアジアX、2年以内に欧米線の開設を計画 長期的な計画でエアアジアジャパンXの設立を検討

タイエアアジアX、2019年にもバンコク~プラハ・ウィーン・ストックホルムへ就航へ

マレーシア航空当局、エアアジアXの成田~クアラルンプール線の19年7月19日以降の開設を認可

スポンサーリンク