スペースジェット(旧MRJ) 機材 航空ニュース

三菱航空機、MRJを三菱スペースジェットに改称することを発表

三菱航空機は、現在開発中のMRJを三菱スペースジェットへ改称することを正式発表しました。

スポンサーリンク

今後はSpaceJet M90(これまでのMRJ90)ならびにコンセプトスタディ中のSpaceJet M100(リージョナルジェット機における新しいスタンダードとなる機体)の2機種で構成される予定としており、Mitsubishi SpaceJetファミリーと名称を変更します。

三菱航空機の水谷社長は、「Mitsubishi SpaceJetファミリーは、リージョナルジェット機ビジネスを再定義するという三菱航空機の計画を具現化する機体です。当社はSpaceJet M90の初号機納入に向けた準備を進める一方、過去数年間にわたりリージョナルジェット機市場の調査を続け、現在と将来の市場ニーズを探ってきました。その答えがコンセプトスタディ中のSpaceJet M100です。この2機種は新たな変化が急速に求められているマーケットに対する当社の継続的な取り組みを示すもので、航空会社は乗客の満足度を高めるとともに著しく収益の向上を実現できます。」とコメントしています。

これまでのMRJ70の検討内容を発展させたSpaceJet M100は、米国をはじめとするグローバル市場のニーズに最適化された機体で、65~76席の3クラス仕様で米国のスコープクローズにも準拠しており、シングルクラスでは最大88席まで拡張可能であるなど、幅広い客室仕様オプションと業界最高クラスの運航経済性を有し、世界各国の多様なニーズに柔軟に対応できるとし、アメリカ市場を意識した機体となります。

三菱航空機はパリ・エアショー会場内パビリオンB6においてSpaceJet M100のキャビンモックアップを展示します。
なお、SpaceJet M100プログラムは現在コンセプトスタディを継続中であり、公式ローンチが決定すれば今年後半に発表の運びとなる予定としています。
画像引用:三菱航空機

スポンサーリンク

三菱重工、MRJ競合相手のボンバルディアのCRJプログラムを取得へ

三菱航空機、70席仕様の新機種を開発し『スペースジェット』へ改称 NIKKEI ASIAN REVIEW報じる

MRJ、設計変更の試験機が6月に完成の見込み 名古屋空港で試験飛行後アメリカへフェリー

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)