機材 航空ニュース

エアリースコーポレーション、A321XLR27機を含む最大100機の購入をエアバスと契約

アメリカ・ロサンゼルスに本社を置く航空機リース会社のエアリースコーポレーションは、A321XLR27機を含む最大100機を購入する契約を発表しました。

スポンサーリンク


画像引用:Airbus

契約に至ったのは、確定でA220-300が50機、A321XLRが27機、オプションでA321neoが23機となる最大100機となります。

本日発表となったA321XLRの開発に至っては、リース会社からの支持も厚く、他リース会社ではAVOLONのDomhnal Slattery CEOが開発を強く推奨するなどしていました。

なお、A321XLRの契約発表はエアリースコーポレーションが初めてとなり、本日開幕したパリ航空ショーで約200機の受注が見込まれています。

スポンサーリンク

エアバス、A321XLRの開発を正式発表 東京からシドニーまで就航可能

エアバス、A321LRの航続距離を更に延長したA321XLRの開発に着手するか否かを2019年に決定

エアバス、短距離向けのA330neoの派生型を提供へ 中距離向け新型機は不要

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)