FSC 機材 航空ニュース

ミドルイースト航空、A321XLRの4機導入をパリ航空ショーで発表へ

中東レバノンのミドルイースト航空は、エアバスがプログラム発表するとされているA321XLRを4機発注する見込みであることが明らかになりました。

スポンサーリンク

同機の開発プログラム発表は、本日から開催されるパリ航空ショーで明らかにされる予定となっており、ローンチカスタマーは、未発表ながらヨーロッパのエアラインと噂されており、そのほかにも米系エアラインからの受注が発表される見込みです。

ミドルイースト航空は中東エアラインとしては、初めてA321XLRを導入するエアラインとなります。

A321XLRは、A321LRを改良しナロボディー機の世界最長航続距離の約7400kmから8300kmまで延長する計画で2024年までに納入される計画とされており、ボーイングが開発を検討し、2020年の発表が予定されているNMA:New Midsize Airplane(俗称:B797)の競合機とされています。
参考記事:aviation analyst
画像引用:MEA

スポンサーリンク

エアバス、パリ航空ショーでA321XLRのプログラム発表へ 自社が持つナロボディー機の世界最長航続距離を更新へ

エアバス、開発を検討しているA321XLRを既に複数社から受注か

エアバス、短距離向けのA330neoの派生型を提供へ 中距離向け新型機は不要

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)