FSC 機材 航空ニュース

ヴァージンアトランティック航空、14機のA330neo導入を発表

ヴァージンアトランティック航空は、パリ航空ショーにてA330-900の導入を発表しました。

スポンサーリンク

ヴァージンアトランティック航空が保有するA330-200/300の後続機として14機導入する契約で6機はリース会社のエアリースコーポレーション通して納入される予定です。

納入は2021年から2024年の間を予定しています。

A330neoは、A330-800neo(3クラス257席、最大406席)、A330-900neo(3クラス287席、最大440席)の2機種で構成されており、機体の軽量化技術とロールスロイスの新型エンジンTrent 7000によって燃費を従来のA330に比べ25%以上改善する性能となっています。
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

エアバス、天津工場でA330neoの生産ライン構築を検討

エアバス、短距離向けのA330neoの派生型を提供へ 中距離向け新型機は不要

ヴァージンアトランティック航空、2021年までにB747-400を全機退役へ

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)