FSC 機材 航空ニュース

エールフランスのA350初号機の塗装が完了

エールフランスは、A350-900型機の初号機の塗装が完了したことを発表しました。今後はエンジンの取り付けや機内レイアウトの工程に進む予定です。

スポンサーリンク



画像引用:Air France

エールフランスKLMは、A350-900を25機とオプションで25機発注しており、A350の受領でエアバス機全機種を保有することが予定されています。

今回エールフランスが導入するA350は、ビジネスクラス34席(1-2-1)、プレミアムエコノミー24席(2-4-2)、エコノミークラス266席の計324席仕様を予定しており初号機の受領は9月を予定しています。長距離線での運用を予定していることから今後日本へ飛来することも期待されます。

スポンサーリンク

エールフランス、A380保有機数を10機から5機まで削減へ

エールフランス、同社初の女性CEOとしてAnne Rigail氏を任命

エールフランス航空、羽田~パリ線を19年4月1日よりダブルデイリーに増便

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)