機材 海外LCC情報 航空ニュース

セブパシフィック航空、A330-900neo16機、A321XLR10機、A320neo5機を購入する覚書をエアバスと締結

フィリピン最大手のLCCであるセブパシフィック航空は、A330-900neo16機、A321XLR10機、A320neo5機の購入の覚書をエアバスと締結したことを発表しました。

スポンサーリンク


画像引用:Airbus

同社は、現状のA330-300の後続機の選定においてA330-900neoまたは、B787が候補としていましたが、エアバス機の選定となりました。
また機内のレイアウトは1クラス460席仕様となり、ロールスロイスの最新世代のTrent 7000エンジンを搭載します。

また、昨日発表されたナローボディ機で世界最長の航続距離を誇ることになるA321XLRをアジアのエアラインとして初めて導入します。そのほか5機の発注となるA320neoは、194席仕様のもとなります。

今回の覚書はセブパシフィック航空が2024年までに機材を新世代機に置き換えるプロジェクトの一環とされています。

スポンサーリンク

セブパシフィック航空、成田~クラーク線に19年8月9日より週4便で就航へ

クラーク国際空港、第2滑走路を2022年前半までに建設へ

エアバス、A321XLRの開発を正式発表 東京からシドニーまで就航可能

スポンサーリンク