機材 航空ニュース

ミドルイースト航空、A321XLRを4機確定発注することを発表

中東レバノンのフラッグキャリアであるミドルイースト航空は、A321XLRを4機確定発注することをパリ航空ショーで発表しました。

スポンサーリンク

既に発注済みの11機のA321neoに加えて4機のA321XLRを導入することとなり、A321シリーズを15機を2020年から順次受領する予定です。

同社は、A321XLRを使いアフリカ・アジア路線を強化する方針としています。

パリ航空ショー初日に発表されたA321XLR開発プログラムによりエアバスは、同機の受注をエアリースコーポレーションからの27機、ミドルイースト航空からの4機、計31機獲得しています。
18日にも多数のエアラインが発表を予定しており、どこまでA321XLRが受注を伸ばすのか注目されます。
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

エアバス、A321XLRの開発を正式発表 東京からシドニーまで就航可能

エアバス、A321LRの航続距離を更に延長したA321XLRの開発に着手するか否かを2019年に決定

エアバス、短距離向けのA330neoの派生型を提供へ 中距離向け新型機は不要

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 1 visits today)