機材 海外LCC情報 航空ニュース

フライナス、A321XLRを10機導入する事でエアバスと覚書を締結 エアバスはA321XLRを累計246機受注

サウジアラビア初のLCCフライナスは、A321XLRを10機導入する事でエアバス社と覚書を締結したことをパリ航空ショーで発表しました。

スポンサーリンク

同社のA320neoファミリーの発注数は、既に発注済みの分を含め合計88機となります。
また、今回の覚書とは別に既存発注分のA320neoのオーダーを10機A321XLRにコンバートすることも発表されています。

今回のパリ航空ショーで一番の話題となったナロボディー機世界最長の航続距離を誇ることになるA321XLRは、FSC・LCC問わず多くの受注を集め本日までで累計246機の受注を獲得しています。

スポンサーリンク

エアバス、A321XLRの開発を正式発表 東京からシドニーまで就航可能

ボーイングが開発を予定するB797に対し、複数のエアラインはパイロット1名乗務での開発を希望

ボーイングCEO、B737MAXによるB777X・B797への影響はないと明言 B797は開発決定となれば2025年に納入へ

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)