MRJ 機材 航空ニュース

三菱重工、ボンバルディア社のCRJ事業の買収を発表 カスタマーサポートサービスの強化へ

三菱重工業およびカナダ・ボンバルディア社は、6月25日、カナダエア・リージョナル・ジェット(CRJ)事業に係る事業譲渡契約を締結したことを発表しました。

スポンサーリンク

三菱重工業は、現金5億5,000万米ドル(590億円)(クロージング払い)を支払い、加えて、約2億米ドルの債務を引き受けます。他方、三菱重工業は、本契約に基づき、約1億8,000万米ドルと評価されるCRJ保有信託プログラムの受益権を継承します。

本契約により、三菱重工業は、CRJシリーズに関する、保守、カスタマーサポート、改修、マーケティング、販売機能と、型式証明を継承します。これらには、サービス・サポートネットワーク拠点(カナダ・ケベック州モントリオール及び同オンタリオ州トロント)とサービスセンター(米国・ウェストバージニア州ブリッジポート及び同アリゾナ州ツーソン)を含みます。

この事業承継は、三菱重工業の既存の商業航空機事業、特に、Mitsubishi SpaceJetファミリーの開発、製造、販売およびカスタマーサポート機能を補完するものであり、ひいては三菱重工業の将来の成長につながるものとしています。

三菱重工業 取締役社長の泉澤清次氏は、「先般のパリ航空ショーで発表した通り、当社グループはお客様である航空会社に新たな収益の可能性をもたらすと共に、一人一人の乗客の皆さまに新しい旅を提供するために努力しております。今回の事業承継は、私たちが強靭でグローバルな航空機事業を構築する戦略の中で、重要な一歩です。これにより、航空機に関連した世界トップクラスの保守・修理・オーバーホールに加え、エンジニアリングからカスタマーサポートに至る一連の機能を確保でき、三菱重工グループの機能を強化することができます」とコメントしています。

スポンサーリンク

ボンバルディア社 社長兼CEO、アラン・ベルマール(Alain Bellemare)氏は、「私たちは、当社の航空機事業改革の完了を表すことになる、今回の事業譲渡契約を発表することができ、非常に喜ばしく思います。三菱重工業による本プログラムの継承は、顧客である航空会社、当社従業員、株主にとって最良の選択であると確信しています。我々は、円滑に事業譲渡を進めていくことをコミットします」とコメントしています。

また、カナダ・ケベック州ミラベルのCRJ製造拠点はボンバルディア社に残り、ボンバルディア社は部品や予備部品の供給を継続し、現在のCRJの受注残機体は三菱重工業からの委託を受け製造していきます。CRJの生産は、受注残機体の納入後、2020年後半に終了する予定となっています。

今回の事業譲渡契約は、各国当局の審査とクロージング条件によりますが、2020年上半期にクロージングする予定です。また、本契約には、一定の条件により、三菱重工業が解約金を支払う旨、定められています。

これまで両社は、ボンバルディアの元従業員らが、三菱航空機に転職する際に、旅客機の認証に関する情報を不正に流用したなどとして裁判を行っていましたが、今後収束に向かうものと予想されます。

今後はCRJの既存顧客との関係を築き、スペースジェットの販売に弾みをつけたい考えと予想されています。
画像引用:三菱航空機

スポンサーリンク

三菱航空機、スペースジェットM100型機15機の商談に関する覚書を締結

米連邦裁判所、MRJに対するボンバルディアの提訴を棄却

三菱航空機、MRJを三菱スペースジェットに改称することを発表

スポンサーリンク