機材 海外LCC情報 航空ニュース

フライアディール、最大50機のB737MAXを導入する59億ドル相当の契約をキャンセル

サウジアラビアのLCCフライアディールは、ボーイングと契約していた最大50機のB737MAXを導入する契約をキャンセルしたことが明らかになりました。

スポンサーリンク

同社は、昨年12月にボーイングとB737MAXを確定発注30機、オプションで20機を発注できる59億ドル相当の契約を結んでいましたが、これを納入スケジュールの見通しがたたないことを理由にキャンセルとしました。

同社は今後親会社のサウディアの機材であるA320の導入を進める計画としています。

ボーイングは先日パリ航空ショーにて、IAGグループと200機を購入するLOIをエチオピア航空の事故後はじめて締結し、今後受注を回復させることも考えられていましたが、今回の大型契約のキャンセルはボーイングにとって大きな痛手となりそうです。
参考記事:BBC
画像引用:Flyadeal

スポンサーリンク

IAGグループ、B737MAXシリーズ200機を購入するLOIをボーイングと締結 B737MAXは事故後初の仮受注

B737MAX、ハドソン川の奇跡などで知られるパイロットなどが公聴会で特有トラブルに対しシミュレーター訓練の必要性を指摘

ボーイングCEO、B737MAXによるB777X・B797への影響はないと明言 B797は開発決定となれば2025年に納入へ

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)