FSC 国内LCC情報 統計 航空ニュース

国交省、国内エアラインの各種データを公開 定時運航率のナンバーワンはスカイマーク 利用率トップ5のうち4路線が成田路線

国交省は、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報公開(平成31年1~3月)を行いました。

スポンサーリンク

【定時運航率】※全体の便数に占める出発予定時刻以降15分以内に出発した便数の割合)

JAL:88.70% ANA:91.40% JTA:85.49% SKY:95.45% ADO:87.01% SNJ:89.18% SFJ:95.07% APJ:82.63% JJP:80.73% VNL77.21% SJO87.28% WAJ84.51%

最も優秀だったのがスカイマークで、次いでスターフライヤーとなりました。

【遅延率】※遅延便:出発予定時刻より15分を超えて出発した便をいう。

当期実績10.48%、前年同期13.73%、3.25ポイント減少

最も優秀だったのが、スカイマークで遅延率4.55%、次いでスターフライヤーが4.94%、最低だったのがバニラエアで22.8%

【欠航率】※対象となっている路線が各航空会社によって異なっており、路線毎・季節毎に欠航・遅延の特性が異なることから、単純な比較には適さない。(夏期は沖縄路線等で台風の影響を受けやすく、冬季は北国等で積雪の影響を受けやすいなど。)

当期実績0.82%、前年同期1.78% 0.96ポイント減少

最も優秀だったのが、スプリングジャパンとJTAで欠航率0.00%、次いでスカイマークが0.11%、最低だったのがジェットスタージャパンで3.45%

スポンサーリンク

【旅客数上位5路線】

  1. 羽田-札幌
  2. 羽田-福岡
  3. 羽田-那覇
  4. 羽田-伊丹
  5. 羽田-鹿児島

【利用率上位5路線】

  1. 成田-下地島 96.4% ※就航日が平成31年3月30日
  2. 成田-関西 91.9%
  3. 成田-熊本 89.6%
  4. 関西-宮崎 89.4%
  5. 成田-鹿児島 88.2%

【搭乗率ワースト5路線】

  1. 新千歳-稚内 35.6%
  2. 函館-奥尻 40.1%
  3. 新千歳-富山 41.3%
  4. 新千歳-秋田 41.5%
  5. 中部-熊本 42.2%

出典・画像引用:国土交通省

スポンサーリンク

世界で最も忙しい国際線・国内線2019 日本からも多くの路線がランクイン

世界のエアラインの保有機数ランキングTOP20

国交省、国内エアラインの各種データを公開 遅延・欠航率のワーストはJJP 最高搭乗率路線は成田-関西

スポンサーリンク

(Visited 13 times, 2 visits today)