FSC LCC 統計

先週のアクセス上位記事TOP10 (2019年7月14日~7月20日)

先週(2019年7月14日から7月20日)の期間において多くアクセスを頂いた記事のトップ10になります。

スポンサーリンク

1位 アリタリア航空の再建経営計画のスポンサー企業が決定 デルタ航空などが参加

2位 ライアンエア、機体の『B737MAX』の表示を『B737-8200』に変更

3位 エルアル航空、B747-400型機を10月までに全機退役させることを発表

4位 中国本土と香港のコンソーシアムが香港航空を買収へ

5位 ANA、成田~チェンナイ線の運航スケジュールを発表 2019年10月27日就航

6位 タイスマイル航空、以遠権を行使し仙台~香港・台北線の開設を検討

7位 成田空港、本日7月18日から出発機及び到着機の標準飛行コースが一部変更 発着枠は34万回へ

8位 エアカラン向けのA330-900neo初号機が初飛行 今後は成田・関西線へ投入

9位 ジェットスターパシフィック、昨日の関西~ハノイ線の運航をもって日本路線から撤退

10位 タイ国際航空の退役済みのA340、米貨物会社への売却交渉が進む

先週はアリタリア航空の経営再建計画がようやく始動することが決まりました。普段からストライキの噂が定期的にあるので、労働組合とどのような関係の下経営再建を進めるのか注目されます。
機材関係ではまた一社B747の運航を終えることが明らかになり、B747が更に希少価値の高い機体となってきました。
また、ライアンエアは運航停止が続き負のイメージがついたB737MAXの表記を変えるとみられ、運航再開後は航空ファン以外は区別ができなくなってしまうととの指摘がされています。今後ボーイング主導で名称変更するのか、あるいはエアライン各社で判断し名称を変えるのかが注目したいポイントです。

スポンサーリンク

先週のアクセス上位記事TOP10 (2019年7月7日~7月13日)

(Visited 1 times, 1 visits today)