機材 航空ニュース

エアバス、A380の組立ラインを活用しトゥールーズでもA321neoを組み立てへ

エアバスは、現在ハンブルクで行っているA321neoの組み立てをトゥールーズの向上でも行う計画で増産する計画であることが明らかになりました。

スポンサーリンク

トゥールーズの組み立てラインは、現在A380が使用していますが、近く製造が終了となることからA321neoの組み立てに使う方向で調整してるようです。

エアバスは、A321XLRの大量受注に成功するなどし、A321neoの納入予定機が約2500機となっており今後も受注を伸ばすことも予想されており、ハンブルクのほかにトゥールーズでも組み立てを行うことで増産体制を構築したい考えのようです。

A321neoは、受注を伸ばす一方で納入スケジュールは既に遅れ(平均70日遅れ)が出ており、ブリティッシュエアウェイズなどを傘下に収めるIAGグループやジェットブルーのCEOがエアバスを批判するなどしていることから生産体制の見直しが急務となっています。
参考記事:air&cosmos
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

ジェットブルー、エアバスのA321neoの納入遅れに失望

IAGグループがB737MAXを200機購入するLOIをボーイングと締結した経緯

エアバス、ベルーガXLを増機し2023年までに6機体制へ 既存ベルーガは転売も

エアバス、世界最大の旅客機A380の生産中止を正式発表 2021年の引き渡しをもってA380のプログラムは終了へ

スポンサーリンク

(Visited 2 times, 2 visits today)