FSC 機材 航空ニュース

KLMオランダ航空、ボーイングのチャールストン工場製のB787に不満『許容基準を下回る』

KLMオランダ航空は、ボーイングが納入したチャールストン工場製のB787の仕上りに対し、許容基準を下回るとして不満があることを明らかにしました。

スポンサーリンク

ボーイングより受領したアメリカ・サウスカロライナ州ノースチャールストンの工場製のB787においてシートの緩み、ピンの欠落または不適切な取り付け、完全に締め付けられていないナットなど様々な問題があったことを明らかにしており、次に納入される機体に対しても同様に事象が懸念されるとしています。

チャールストン工場の問題は今年4月に手抜き生産が行われていると、ニューヨークタイムズが報じており今回KLMの不満表明により改めてフォーカスされた形なります。
航空業界では有名な話ですが、カタール航空はレントン工場製のB787しか受領しない契約になっているとされてます。

アメリカの航空アナリストは、ボーイングの過剰なコスト削減が問題との指摘をしているほか、B737MAXが優先事項であるため今後も大きな改善はみられないだろうとの見解をしています。

なお現地で報道があったのちにKLMは、現在問題がボーイングと共有され、解決に向け進んでいることを明らかにしています。
参考記事:Luchtvaart
画像引用:KLM

スポンサーリンク

KLMオランダ航空、創立100周年を記念した特別塗装機を公開 創立記念で日本発航空券が10%OFF

現役最古のKLMオランダ航空のB747が本日約30年の飛行に幕を閉じる引退フライト 総飛行時間は134,279時間

ボーイングが開発を検討しているNMAは、2機種になる可能性も

スポンサーリンク