FSC 新規就航・増便・減便 羽田空港

アメリカ運輸省、羽田枠の配分を最終決定 暫定配分と変わらず

アメリカ合衆国運輸省(DOT)は、2020年に配分される羽田枠において、自国エアラインへのスロット配分を最終決定したことを発表しました。

スポンサーリンク

ハワイアン航空やグアム国際空港から異議申し立てがあったものの、最終決定路線は、暫定配分と同じとなり以下の路線となります。※エアライン名をクリックすると暫定スケジュール・運航機材の情報があります。

デルタ航空(5枠)
羽田~シアトル・デトロイト・アトランタ・ポートランド・ホノルル

ユナイテッド航空(4枠)
羽田~ニューヨーク/ニューアーク・シカゴ・ワシントン・ロサンゼルス

アメリカン航空(2枠)
羽田~ダラス/フォートワース・ロサンゼルス

ハワイアン航空(1枠)
羽田~ホノルル

今回の決定を受け、先日お伝えさせて頂いたとおりデルタ航空が成田空港から完全撤退し羽田空港へ移転することを正式に発表しています。また、ユナイテッド航空は、路線申請時にシカゴ線とワシントン線を成田から移管させることを明記していたことから今後、路線移管の発表があるものと推測されます。

アメリカ枠が決定したことや、羽田新飛行ルートの運用日が決定したことで、羽田枠配分に関しての議論が急速に進むものと推測されます。

スポンサーリンク

国交省、2020年3月29日より羽田空港の新飛行ルートの運用、増便開始とすることを正式発表 B滑走路には運用制限

羽田空港の新規就航・増便・施設整備・関連ニュースまとめ※随時更新

羽田空港第3ターミナル隣接地の工事情報 ホテル・天然温泉施設『泉の湯』・『グランドホワイエ』・川崎市との連絡橋を建設中

2020年オープン予定の羽田空港跡地第1ゾーンの整備事業のまとめ

スポンサーリンク