旅行記

グランドホテルウィーンの宿泊記(旅行記) 朝食は豪華ビュッフェでシャンパンも提供

オーストリア・ウィーンで高級ホテルに分類されるグランドホテルウィーンの宿泊記になります。

スポンサーリンク

今回私は、デラックスルームを予約しましたが、トリップドットコムが最安値でしたのでそちらから予約をしました。中国系ということで敬遠する方もいますが、これまで私の場合ですとトラブルに見舞われたことはありません。
なお複数のサイトを比較しましたが、数万円の差が出ていましたので、必ず比較することをお勧めします。

ホテルから周辺へのアクセスは、楽友協会、オペラ座共に至近で徒歩数分という位置にあり、音楽好きには絶好のロケーションかと思います。また、地下鉄も目の前でシュテファン大聖堂も徒歩10分位ですので観光には便利と言えるかと思います。

今回泊まった部屋がこちら。チェックイン時にハリウッドツインにしてもらえないかと頼んだところ、すぐに対応してくれました。


部屋の掃除は、隅々までされており施設全体が本当に清潔保たれていました。清掃スタッフは笑顔で気配りができる方ばかりで、心地よい対応をしてくれました。


スポンサーリンク

用意されているアメニティなどは素晴らしいかったのですが、唯一残念だったのがドライヤーの質です。日本では一昔前のものと思えるドライヤーで、ただ乾かすための物という印象です。

近年多くの高級ホテルがスタイリッシュなデザインとなっていますが、グランドホテルは昔ながらのヨーロッパ調のデザインとなっていますので、こういった部屋が好みの方には向いているホテルかと思います。

グランドホテルの朝食ビュッフェは、評価が高いので行ってみました。

料金は約4000円で、日本食も用意されたビュッフェと一品頼めるオーダーメニューとなっておりドリンクは、シャンパンも用意されていました。コーヒー・紅茶はテーブルまでポットで持ってきてくれるのは嬉しいポイントです。

上記写真はステーキになります。どれも非常に美味しく頂けましたが、4000円以上の価値があるかと聞かれたら個人的には無いような気がしてしまいます。

グランドホテルには計2泊しましたが、用意されているアメニティや備品の質がよく滞在中困ることは一切なく快適に過ごすことができました。
またスーパーやドラッグストアなどが入ったショッピングモールに直結しているので、現地で必要になったものなどはすぐに調達でき利便性の高いホテルでしたので、また機会があれば利用したいと思いますし、人に勧めたいホテルです。

スポンサーリンク

客室から空港が見えるSavoy Hotel Manila(サボイホテルマニラ)宿泊記

『魔女の宅急便・紅の豚』などのジブリ映画のモデルになったとされる街、ドゥブロヴニクの旅行記

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)