海外空港 航空ニュース

サンミゲル、ブラカンに建設するマニラ新空港の完成イメージを公開

サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、マニラ近郊のサンミゲル州に建設する新空港の完成イメージを公開しました。

スポンサーリンク



画像引用:sanmiguel

新空港の建設は官民連携事業となり総工費は約7,400億ペソ(約1兆5,000億円)が予定されています。新空港建設にあたっては他社の入札を7月末まで受け付けたものの、入札がなかったことから自動的にサンミゲルに決まり、現在同社は運輸省からの通知待ちとなっています。

新空港はマニラから北35kmに位置するブラカン州に建設され、平行滑走路を4本整備し、年間の旅客処理能力はニノイアキノ国際空港の3倍となる1億人を予定しており、将来的に2本の滑走路を整備できる用地を確保する計画です。

このほかにもクラーク空港で拡張工事を行っており、今後マニラは首都圏の需要を3空港で処理する計画となり、また一つアジアに巨大空港が誕生し、空港間の競争が激しくなることが予想されます。
参考記事:Philstar

スポンサーリンク

タイ運輸省空港部、バンコクに新空港の建設を計画

東アジア主要空港の今後の拡張計画一覧 中国・香港・韓国

クラーク国際空港、第2滑走路を2022年前半までに建設へ

スポンサーリンク

(Visited 24 times, 6 visits today)