FSC 機材 航空ニュース

アメリカン航空のMD-80、本日4日のフライトをもって全機退役

アメリカン航空は、本日2019年9月4日をもってマクドネル・ダグラス MD-80を退役させ最終フライトとしてダラス・フォートワースからシカゴへ向けラストフライトを行います。

スポンサーリンク

最終フライトはAA80便が割り当てられ、ダラス・フォートワース09:00→11:35シカゴのフライトが予定されています。(現地時間)

アメリカン航空は、MD-80をこれまで合計384機運用していた同機最大級のオペレーターとなります。MD-80は、1970年代にマクドネル・ダグラス社により設計され、1980年代には多くのエアラインで主力機種として運用された実績を誇る機種となり、日本では日本エアシステムが導入していました。

1999年に生産が中止されて以降、年々運用エアラインが減っており、アメリカではアメリカン航空が同機を退役させると、残すはデルタ航空のみとなります。
なお、アメリカン航空は同機の後続機としては運航停止が続くB737MAXが選定しています。
画像引用:American Airlines

スポンサーリンク

アメリカン航空、A321XLRを50機導入することを正式発表

アメリカン航空、B767-300ERを2021年内に全機退役へ

日本の航空スケジュール一覧 ニュース&機材情報など

アメリカ運輸省、羽田枠の配分を最終決定 暫定配分と変わらず

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)