FSC 機材 航空ニュース

スターラックス航空、A321neo初号機の塗装完了を発表

スターラックス航空は、計10機の導入を予定しているA321neo初号機の塗装が完了したことを発表しました。

スポンサーリンク

当初初号機は10月のデリバリーを予定していましたが、現在のところ初号機は11月のデリバリーを予定しています。また、2号機は12月、3号機は1月の受領を予定しており2020年には10機体制が構築される予定となっています。





画像引用:STARLUX Airlines

同社は、2020年1月25日に定期路線の運航を開始する計画としており、東南アジア路線から運航を開始し、2020年末までに6~8線に拡大する計画としており、日本路線に関して2020年に就航が見込まれる都市は数都市となります。
なお同社は既に日本路線(成田・関西・中部・福岡・那覇・仙台・新千歳・函館)の運航認可を受けております。

近距離路線開設後は、A350を導入して北米線へ進出する計画としています。

スポンサーリンク

日本へも就航を計画するスターラックス航空、17機のA350XWB購入をエアバスと正式契約

スターラックス航空、台湾航空当局へ申請していた成田・関西・中部・福岡・那覇・仙台・新千歳・函館への路線が同局より承認

スターラックス航空、マカオ・ベトナムへの計5路線の運航認可を取得 就航初期は東南アジア線開設となりその後日本線を開設へ

スポンサーリンク