FSC 航空ニュース 貨物

日本ロシア間において運航可能便数が拡大 ロシア側は以遠権を獲得へ

日本とロシアの航空当局の協議の結果、日本ロシア間においてロシア側のエアラインが運航できる便数が拡大することや、以遠権が認められる方向で調整が進められていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

ロシア運輸省のPetrova航空局長が明らかにしたもので、ロシア側のエアラインが現在の週80便から週174便まで日本線の運航を拡大することができる内容で覚書を締結したとし、10年以上就航を希望していた羽田空港への運航が週14便認められたことにも言及しています。

そのほかにもロシアの貨物エアラインが、日本を経由し香港・ソウル・バンコク・アメリカまで運航する以遠権が認められ、旅客機においては中国までの以遠権フライトを可能とすることが認められる予定であることが明らかにしています。

後者の中国までの以遠権フライトについては、強い関心を示すエアラインがあるとしており、今後の正式な発表が待たれます。
参考記事:Aviation Explorer

スポンサーリンク

現在までの羽田空港の2020年夏ダイヤからの新路線に関するまとめ

ANA、2020年夏にも東京/成田~モスクワ・ウラジオストク線を開設とロシア現地紙が報道

JAL、モスクワ発着空港をシェレメチェボ空港に変更し国際線路線便数計画の一部変更を発表 成田~ホーチミン・ジャカルタ線は一部期間で減便

アエロフロートロシア航空、A350の投入路線を発表

スポンサーリンク

(Visited 26 times, 1 visits today)