FSC 機材 航空ニュース

アエロフロートロシア航空向けの初号機となるA350-900型機の最終組み立てが完了

アエロフロートロシア航空向けの初号機となるA350-900型機の最終組み立てが完了し、地上試験に移行したことが確認されました。

スポンサーリンク

同社は今回確認された初号機を2020年初旬に受領を予定し、2020年3月29日からのモスクワ~ニューヨーク線に投入されることが発表されていて、その後はモスクワ~北京線5月1日、モスクワ~ソウル線6月1日、モスクワ~マイアミ線6月2日の投入が予定されています。

A350の機内レイアウトは、ビジネス28席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー264席の計316席仕様で同社のワイドボディ機のビジネスクラスでは初めて全席通路にアクセスできるレイアウトとなっており、Cクラスの配列は1-2-1となります。現在のところ14機のA350が確定発注されており、オプションを含めると最大28機体制となる予定です。
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

アエロフロートロシア航空、東京/羽田~モスクワ/シェレメチェボ線に就航へ 成田から移管の見込み

アエロフロートロシア航空、大阪/関西~モスクワ/シェレメチェボ線に2020年6月15日就航することを正式発表

アエロフロートロシア航空、正式にB787型機をキャンセルへ

スポンサーリンク

(Visited 11 times, 1 visits today)