中部国際空港(セントレア) 海外LCC情報 航空ニュース

タイガーエア台湾、2019年12月1日より中部国際空港第2ターミナルへ移転

タイガーエア台湾は、2019年12月1日より中部国際空港の発着ターミナルを現在の第1ターミナルから第2ターミナルへと移転します。

スポンサーリンク

現在の中部国際空港の第2ターミナルの乗り入れエアラインは、同空港を拠点とするエアアジアジャパン・ジェットスタージャパンとチェジュ航空・ティーウェイ航空・エアプサン・セブパシフィック航空の6社となっており、タイガーエア台湾が7社目となります。

第2ターミナルは、年間取扱旅客数450万人(国際線300万、国内線150万人)で、2階建て2棟構成(本館・サテライト)合計10スポット/14ゲートを備えています。
一部スポットは、関西国際空港第2ターミナル同様に自走式を採用しており、トーイングカーを使わずに出発が可能となりコスト削減が図られています。なお国際線の施設使用料は、1280円となり、第1ターミナルの半額程度となっています。
画像引用:tigerair taiwan

スポンサーリンク

中部国際空港(セントレア)の新規就航・増便まとめ※随時更新

タイガーエア台湾、A320neoを15機導入へ

中部国際空港沖の埋め立て計画を国交省が公表 第2滑走路を想定か

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)