FSC 機材 航空ニュース

フィジーエアウェイズ向けのA350-900型機の初号機が初飛行に成功

フィジーエアウェイズが導入を予定しているA350-900型機の同社向け初号機がトゥールーズにて初飛行に成功しました。

スポンサーリンク



画像引用:Airbus

フィジーエアウェイズは、合計2機のA350-900型機の導入を予定しており、南太平洋のエアラインとして初めて同型機を導入するエアラインとなります。

初号機のデリバリーは来月を予定しており、12月1日よりナンディ~シドニー線へ投入される予定となっています。その後オークランド・ロサンゼルス・その他既存長距離路線へ投入する計画としていることから成田へ飛来することも期待されます。



画像引用:Fiji Airways

同社のA350はエコノミークラス301席、ビジネスクラス33席の計334席仕様でwi-fi搭載機となります。

スポンサーリンク

アエロフロートロシア航空向けの初号機となるA350-900型機の最終組み立てが完了

エアバス、A350-1000ULRを開発へ カンタス航空の20時間フライト向け機材として

フィジーエアウェイズ、ワンワールドコネクトに加盟

スポンサーリンク

(Visited 4 times, 1 visits today)