FSC 成田空港 機材 航空ニュース

デルタ航空、東京/成田~シアトル線にA330-900neoの投入を開始 現状スケジュールでは今冬限り

デルタ航空は、東京/成田~シアトル線にA330-900neoの投入を開始しました。成田空港乗り入れエアラインにおいてA330neoにて運航するエアラインはエアカラン・タイエアアジアXに次いで3社目となる。

スポンサーリンク

同社が導入したA330-900neoは、ビジネスクラス29席、プレミアムエコノミー28席、シートピッチにゆとりのあるエコノミークラス56席、エコノミークラス168席の計281席仕様となって、合計35機の導入を予定しています。

現在A330neoのデリバリースケジュールは遅れていることが明らかになっており、デルタ航空も当初予定していた8月から遅延しての投入となりました。

またデルタ航空は、来夏スケジュールから成田路線を羽田空港に移管することが発表されていますが、現在のスケジュールでは東京/羽田~シアトル線にはA350-900型機が投入される予定となっており、他路線にもA330neo投入予定がないことから現状では今冬限りの投入となります。

そのほかA330neoでの成田空港乗り入れ予定は、来年1月からタイライオンエアが予定している。
画像引用:Airbus

スポンサーリンク

デルタ航空、大韓航空を傘下に収める韓進KALの株を9.21%まで取得

デルタ航空、2020年3月28日から新規羽田5路線を運航開始することを発表 航空券の販売も開始

デルタ航空、羽田空港に新ラウンジ『デルタスカイクラブ』を新設へ

スポンサーリンク

(Visited 9 times, 1 visits today)