FSC 航空ニュース

ブリティッシュエアウェイズやイベリア航空所属のIAGグループ、エアヨーロッパを€10億で買収することを発表

IAGグループ(創設のブリティッシュエアウェイズ、イベリア航空と、スペインLCCブエリング航空、アイルランドのエアリンガス、スペイン長距離LCCのレベルなどがグループメンバー)は、スペインのエアヨーロッパを€10億で買収することで合意したことを発表しました。

スポンサーリンク

エア・ヨーロッパは、スペインを代表する民間航空会社の1つであり、ラテンアメリカ、アメリカ合衆国、カリブ海、北アフリカへのヨーロッパおよび長距離路線を含む69の目的地への定期便を運航しています。

株式の取得は2020年後半までに行われ、当面エアヨーロッパのブランドは維持される予定ですが、エアヨーロッパはイベリア航空傘下の入り独立した運営を行います。今後はコードシェアなどにより協力関係を強化していくことが予定されています。

同グループCEOのWillie Walsh(ウィリー・ウルシュ)氏は、エアヨーロッパの買収によりマドリードが欧州の主要ハブとして統合され、結果としてIAGが南大西洋で優位に立つことが出来るとコメントしています。
画像引用:Air europa

スポンサーリンク

イベリア航空、2020年6月17日より成田~マドリード線をデイリー運航へ 3月29日からはA350-900型機を投入

IAGグループCEO、エアリンガスのワンワールド再加盟とブリティッシュエアウェイズ向けのA380の追加導入の検討を表明

IAGグループCEO、『カタール航空はワンワールドを脱退する可能性が高い』

IAGグループ、イベリア航空・エアリンガス向けに計14機のA321XLRを発注

スポンサーリンク

(Visited 1 times, 1 visits today)