機材 航空ニュース 貨物

B767Fの生産体制強化後の初号機が間もなく完成 今後新エンジン搭載のB767Xの開発構想も

ボーイングは生産体制が強化され、月産3機体制となったあとに製造された初号機が間もなく完成することを明らかにしました。また同社は今後B767に新エンジンを搭載し改修を加えたB767Xの開発構想があることも明らかになっています。

スポンサーリンク

ボーイングは同機の旅客機としての生産はB787の供給以降停止していますが、オンラインショッピングによる貨物量増加により同貨物を扱うUPS、FedEx、DHL、AmazonなどがB767Fを増機する計画があることからB767の生産体制を強化しています。

またボーイングは今後もB767の需要が一定以上続くことを予想しており、GE Aviation社製のGEnxを搭載したB767の改修機機となるB767Xの開発構想があることが明らかになっています。
既存機の改修であることから、比較的安価に開発ができるとされおりコックピットなどは最新鋭機のものから流用する計画とされています。
参考記事:Flightglobal
画像引用:Boeing

スポンサーリンク

デルタ航空、B797が開発となれば最大200機導入との意向を表明

カタール航空、B777Xの貨物機のローンチカスタマーに意欲

ボーイング、フェデックスへ75機目のB767Fを納入したことを発表

スポンサーリンク